2019年01月07日
大阪でゴミ屋敷にお困りの方へ!ゴミ屋敷を片付けるコツをお教えします!

ゴミ屋敷を片付ける際にはまず捨てることを前提に考え、何を残すべきかを事前に決める必要があります。
なかなかゴミ屋敷が片付かないケースとしてはその都度残したいものが登場し、残すべきか捨てるべきかに頭を悩ませることで作業がストップします。
こちらの記事では、ゴミ屋敷を片付ける際のコツをご紹介します。

□片付けのコツとは?

片付ける際は軽快に作業を進めることでストレスをそこまで感じることなく、どんどん捨てていけますが、これが度々ストップすると片付ける気力を失わせます。
最初に残したいものだけをピックアップしてもらい、あとはどんどん捨てていくことを心がけることが片づけのコツです。

□具体的な方法

大阪などでゴミ屋敷にしてしまった人の多くは面倒な気持ちが先に出てしまって何も出来なくなるケースです。
最初は朝のゴミ出しが面倒という気持ちからゴミがたまり始め、掃除をしないといけないが疲れているので後回しにするという気持ちにつながり、ゴミ屋敷になった状態では掃除をしてもしょうがないという部分にまで発展します。

*小さな目標から

ゴミ屋敷になるとお風呂場までゴミが押し寄せることがあり、まずはそこをきれいにするという小さな目標を立てていくことでうまく片づけが行われます。
小さな目標を積み重ねて大きな目標を達成できるようにしましょう。

*ゴミ袋を使い切ろう

毎週ゴミ袋を購入し、それを使い切ることを自分の中で約束して続けていくことも1つのやり方です。
ゴミを出せる日というのは燃えるゴミであれば週に2回か3回のところがほとんどです。
朝、通勤通学をする際にゴミを出してから出かけるという習慣を身につけさせれば、起きてから出かけるまでにちょっとした掃除を行って家を出ることが出来て、帰ってからしんどい思いをせずに済みます。
大量のゴミは1日で膨れ上がったものではなく、何ヶ月何年とかけて増えていったものであり、それを減らしていくのもまた日々の習慣ということになります。

*自分一人でやろうとしない

人に頼んで片づけをお願いするのが一番手っ取り早いやり方です。
家族にお願いするとたいていの場合は怒られ、さらに傷ついて誰にも頼まなくなり、悪化させてしまう可能性があります。
友人などに依頼して手伝ってもらい、少しずつ何とかしていくのがおすすめです。
その際にゴミの捨て方などを友人にレクチャーしてもらって、捨て方を知ることで自分でも率先して掃除が出来るようになります。
他人の力を借りることは大事であり、熱心に作業をしてくれそうな人にお願いするのがコツです。

□最後に

とにかく捨てることが第一であり、物を残しつつ掃除を行うのはこの状況では至難の業です。
絶対に残したいものをノートに書き留めるなどして臨むことから始めるとうまくいきやすいです。

”一品からお家まるごと全て対応致します!!”
家具移動や清掃のお手伝いなど、住まいのお困りごとは何でもお任せください!!
ゴ~ゴ~お片付け <<見積無料>>
フリーダイヤル:0120-5050-99(受付時間8:00~21:00)

不用品・引越し・掃除・買取・査定・粗大ごみ・ゴミ屋敷
冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビ・植木鉢・プランター・仏壇
鏡台・タンス・家具・家電・ソファー・ベッド・自転車・パソコン・段ボール