2019年06月07日
ゴミ屋敷になる人の心理や特徴とは!?大阪の業者がご説明

「家がゴミ屋敷になって困っている」
「ゴミ屋敷になる人の特徴や心理を知り、対策したい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
部屋がゴミ屋敷になる人には、少なからず同じ心理や特徴があります。
では、どのような特徴なのでしょうか。
この記事では大阪で不用品回収を行なっている当社が、部屋がゴミ屋敷になる人の特徴や心理についてご紹介します。

□部屋がゴミ屋敷になる人の特徴

*多忙でゴミ出しができない

ゴミ屋敷になる人の特徴として、多く挙げられるのが忙しいということです。
ゴミを処分したいけど、早朝出勤や夜勤などでゴミが出せない日が重なり、ゴミ屋敷になります。

*ごみの分別を極端に面倒くさいと感じる

ゴミを捨てる際には必ず分別しなければいけません。
その分別を面倒くさく思い、ゴミ出しを行なわないうちにゴミが積もり積もって、大量のゴミがあるゴミ屋敷になります。
分別を面倒くさがらずに、定期的に掃除をしましょう。

*片付けに苦手意識がある

片づけに苦手意識がある人は片づけを行ないません。
一人暮らしの場合はそのままゴミが溜まり、ゴミ屋敷になります。

□部屋がゴミ屋敷になる人の心理

*寂しい

寂しさを感じやすい人は物を捨てることに強い抵抗があります。
不用品であっても、長年自分が使用してきた物なので簡単に捨てることができません。
このように思い出の品を溜めていくことにより徐々にゴミ屋敷になります。

*もったいないという気持ちが強い

もったいないという気持ちが強い人の部屋はゴミ屋敷になりやすいです。
「いつか使うかもしれない」
「捨てるなんてもったいない」
という気持ちから物を溜め込み、結果的にゴミ屋敷になります。
ゴミ回収場にある不用品を見て、まだ使えると思う人はゴミ屋敷になりやすいです。

□対策方法

ゴミ屋敷の対策方法として不用品回収業者に依頼することが挙げられます。
もし現在ゴミ屋敷に困っている方がいましたら、一度部屋を整理整頓し、気持ちの整理を行ないましょう。

□まとめ

この記事では部屋がゴミ屋敷になる人の特徴や心理についてご紹介しました。
ゴミ屋敷を放っておくと様々なトラブルが発生します。
そのため、不用品回収業者などに依頼し、手遅れになる前に対処しましょう。
当社では、大阪、東京はもちろん、周辺エリアにも幅広くご対応しております。
また、家財整理の必要性が高まる昨今、当社は様々な活動に取り組んでいます。
家財整理にお困りの方は、ぜひ当社へご相談ください。

”一品からお家まるごと全て対応致します!!”
家具移動や清掃のお手伝いなど、住まいのお困りごとは何でもお任せください!!
ゴ~ゴ~お片付け <<見積無料>>
フリーダイヤル:0120-5050-99(受付時間8:00~21:00)

不用品・引越し・掃除・買取・査定・粗大ごみ・ゴミ屋敷
冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビ・植木鉢・プランター・仏壇
鏡台・タンス・家具・家電・ソファー・ベッド・自転車・パソコン・段ボール