2019年03月03日
ゴミ屋敷は火事を引き起こしやすい?|原因と対策方法を大阪の業者がご紹介

「親戚の家がゴミ屋敷なんだけど火事を引き起こさないか心配…」
「近所の家がゴミ屋敷、火事とか大丈夫なのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
ゴミ屋敷は様々な物があるので火事を引き起こしやすいです。
この記事ではゴミ屋敷がどのように火事を引き起こすのか、また実際に起きた事件を書いていきます。

□ゴミに引火して火事が起きやすい

引火しやすい物質があふれているのがゴミ屋敷。
その結果燃えやすいゴミが多く密集している所に火がつけば、あっという間に燃え広がる危険があります。

*火事の原因は家主の不始末だけではない

火事の原因は主に二つあり、家主の不始末による火災と外部からの火災です。
家主の不始末とは主にタバコです。
タバコが原因の火災は多く、火災原因全体の2位と言われているほどです。
もしゴミ屋敷の家主が喫煙者であった場合、一刻も早くゴミ屋敷問題を解消しなければいけません。
外部による火災とは放火です。
放火は火災原因一位を占めます。
計画性のある放火魔は放火する時、より燃えやすい家を選びます。
物があふれているゴミ屋敷は放火のターゲットにされる可能性があります。

*トラッキング現象

「トラッキング火災」という言葉をご存知でしょうか?
トラッキング火災とは部屋のコンセントの中にほこりが詰まり、そのほこりに着火してしまう現象です。
ゴミが散乱しておりコンセントがどこにあるか分からないほどのゴミ屋敷だと、火事の危険は高まります。

*大阪で起こった火災事件

大阪では他の県に比べ建物が密集しています。
その結果火災が起きやすいです。
過去にはゴミ屋敷の中でタバコを吸ったために火事が起きたという事件がありました。
また大阪は日本一犯罪が起こる都道府県です。
それと同時に、日本一放火が起こる都道府県でもあります。
もしゴミ屋敷に住まわれている方が大阪在住ならば一層放火には気をつけなければいけません。

*家主だけでなく周りの住人に迷惑をかける

火事は家主だけでなく、その近隣住人にも損害を与えます。
よくあるのが火事を起こした家主が被害状況に応じて損害賠償を払うというケース。
こういったことに陥らないため、早急の措置が必要です。

□火事を防ぐために早急措置を

火事を防ぐために何をすれば良いのか。
それはゴミ屋敷のゴミを減らすことです。
ゴミ屋敷は火事だけでなく多くの近隣住民とのトラブルを引き起こすので早急に解決しなければいけません。
またその時にオススメするのが、専門的な知識を持った業者に頼むということです。
一度綺麗になったからといって、再発すれば意味がないです。
家主のケアなどゴミ屋敷は専門的に解決していく問題です。

□まとめ

この記事では、ゴミ屋敷が火事を引き起こす原因とその対策として業者をご紹介しました。
犯罪率が高まっている現在、ゴミ屋敷は深刻な問題となっています。
また当社ではゴミ屋敷の不要品回収を行っております。
大阪、東京はもちろん、周辺エリアにも幅広くご対応しておりますので、お悩みの方は、ぜひご相談下さい。

”一品からお家まるごと全て対応致します!!”
家具移動や清掃のお手伝いなど、住まいのお困りごとは何でもお任せください!!
ゴ~ゴ~お片付け <<見積無料>>
フリーダイヤル:0120-5050-99(受付時間8:00~21:00)

不用品・引越し・掃除・買取・査定・粗大ごみ・ゴミ屋敷
冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビ・植木鉢・プランター・仏壇
鏡台・タンス・家具・家電・ソファー・ベッド・自転車・パソコン・段ボール